キャリアフラッグのWEB対応の状況について(2020年5月)

コロナウイルスの影響はいまだ終息に至らず、緊急事態宣言の延長が続く地域もある中、各大学では入構禁止の措置を延長するとともに、オンライン授業などの導入など、今できる最善の体制を日々模索していらっしゃるのを感じております。

キャリアフラッグ株式会社におきましても、大学ごとの事情に応じた並走を常に心におき、オンラインソフトの使い方・業務のノウハウやフロー・オンライン面談の留意点等をカウンセラー間で共有・改善した上で、カウンセラーチームなどが在宅で進めております。

学校様ごとに面談の予約の流れなどはあるかと思いますが、それ以外の部分のサポートやノウハウの提供など、できる限り無料で、お手伝いさせていただきます。
お問い合わせ窓口<info@career-flag.co.jp>まで、何なりとご連絡ください。
御校の学生達が未来を勝ち取り、時代をつないでいくためにお役に立てれば幸甚です。

ご参考までに、いくつか事例をご紹介いたします。

・聖学院大学 4年生向け課外講座
 短時間の動画を、いくつかにわけてストーリーにすることで実施

・明治学院大学 4年生向けカウンセリング
 学内システムを活用し、カウンセラーチーム・学生ともに在宅で実施中

・日本大学法学部(他、数キャンパス) 3年生向けガイダンス
 2,000人規模を意識し、スクリーン脇で登壇する形の録画で実施

上記とは別に、低学年~就職活動前(インターンシップ事前)の授業を数校で展開しております。インターンが中止となっても継続しております。

大学からも下記のお声をいただいており身に余る光栄を感じるとともに、背筋が伸びます。精進を続けます。
・情報連携が密に行え、機動的に動いてくださるので、業務フローの追加や変更が適宜発生するような
 今回のような事態においては、特に助かります。
・学生目線を意識して聴講しましたが、講師の間合いや話し方も上手く、実際に一番前の席で
 聴講している感覚でした(勉強になりました)。
 学生も自分のペースで考えながら見られるため、理解度も増すかと思います。
・「テロップあり」に賛成です。テロップを見た際、自然とメモをとらなくてはと感じ、また、
 単文の方がメッセージ性を強くより印象に残せるかと思いました。
・難しいかもしれませんが、少しでも大学の生の情報を加えられるとよりリアルに伝わるのではと
 思いました。
 例)こんな先輩がいた、こういう傾向や相談が多い等

まだまだ油断の出来ない社会情勢かと存じますので、何卒、ご自愛ください。