新入生キャリアガイダンス 各校より受注増(2019年4月)

新入生を対象に、早速「キャリアガイダンス」を実施する大学が増えてきています。
これは、早い時期から「自分」を知り、就職を含めた将来の進路・目標を見据えて行動することが、充実した学生生活にとって必要であるという考えの現れだと思われます。
キャリアフラッグでも各大学でキャリアガイダンスを実施しておりますので、その具体例をご紹介いたします。

<洗足学園音楽大学>

 

<青山学院大学>
「大学生活を充実させることが進路決定率を上げる」というデータを元に、講座を展開しました。
具体的には、「現代の社会状況」「多様化する生き方」「残るシゴト・なくなるシゴト」などをレクチャーし、大学生活をどう過ごすのかについてワークを行いました。
「大学で何をすればいいのか明確になりました」「大学によって未来は狭まらないとわかって安心しました」といった感想をいただき、新入生のタイミングで必要な要素が満たせる内容となったように思います。