『「学内」キャリア支援家 勉強会』を開催しました。

講師として、カウンセラーとして、職員として…
大学の中で活躍するキャリア支援家のなり方・あり方を一緒に考えます。

キャリアフラッグ㈱のメンバー4名のほか、様々な職場や環境でキャリアに
携わる方々、14名ご参加いただきました。

■ 参加者の職場
・CDA養成講座講師
・大学職員
・キャリアセンター非常勤講師
・中学校職員
・採用支援、社員研修講師
・企業の人事担当者
・フリーのキャリアカウンセラー

■ 学内キャリア支援家による実態レポート
・なぜキャリア支援家になったのか?
・単発の講座では効果が期待できない
・学生の支援時間外での活動に関われないのでキャリア意識が
 醸成しきれない
・キャリア支援家の仕事は学生のキャリア支援だけではない
 求人開拓を行っているメンバーもいる
・学外のキャリア支援家が入ることで、キャリアセンターの
 活性化する
・学内の仕事だけでは、あまり収入が見込めなず、教育外事業を
 追うことになる

■ 参加者を含めたディスカッション・トピックス
・世の中では「最近の学生は欲がない」と言われるが、
 現場ではどう感じているか?
・活躍中のキャリア教育者は高学歴が多く、本当に
 困っている学生の気持ちがわかっていないのでは?
・優秀な学生は何か「カラ」を破る瞬間みたいなものがある
 人であったり、経験であったり、その「カラ」とは何なのか?
・キャリア支援家として「大切にしたいこと」「軸」は重要だが、
 ビジネスマンとして顧客の要望には答えなくてはいけない
 学生支援=顧客支援なのか?は、ビジネスモデルをよく理解
 しないといけない。

 今後も定期的に勉強会を開催します。
 キャリアフラッグはキャリア支援家を目指す皆様の旗揚げを応援しています。
 勉強会にご興味のある方は、お問い合わせをいただくか、ホームページにて
 定期的に告知をさせていただきますので、ホームページをご覧ください。

 お問い合わせは こちら から